会社に行きたくない20代に捧ぐ! 僕がアフィリエイトを選んだわけ

「マジで会社に行きたくない・・・」と考えてこのページを訪れていませんか?

でも、実際に辞めてしまった後のことを考えると「日々の生活費はどうしよう・・・」って感じてしまうと思います。

 

僕自身も「マジで会社辞めたい」と100回くらい考えた時期もあったので、ものすごく気持ちがわかります。

本当に大変なときは、週6くらいでバーに通ってました(笑)

今思うとホント体に良くないです(汗)

 

この記事では紆余曲折あってアフィリエイトに出会って脱サラして、生活していて思う事をアラサーアフィリエイターがお伝えしたいと思います。

特にアフィリエイトをおすすめするわけでもなく1人の人間の『選択肢』としてご覧になっていただければ幸いです。

 

会社に行きたくない20代だった僕の話

会社に行きたくない 20代

僕がそもそも銀行に入ったのは、母方の実家が借金の相続で親族がお金でもめたからです。

お金で困るときって単純にお金がない場合もありますし、お金に関する知識がなくて困る場合もあります。

「お金のことで困っている人を助けられたらいいな」と思って銀行に就職しました。

 

入行当初の話

入行当初の僕はかなりピュアでした。

研修があって配属が決まるのですが、初日の自己紹介で大学名を言って笑われたのはいい思い出です(笑)

 

とてもいい職場だったんですが、勉強を重ねて金融商品を売るとなった時にかなりしんどい思いをすることに・・・。

仕事の内容としては、個人のお客さまに保険や投資信託の営業をするといった内容なのですが、金融商品ってそもそも必要としていない人の方が多数です。

 

もちろん興味のある人もいるのですが、売り上げをあげるためにはお金持ちに金融商品を買っていただいた方が手数料が多くなるので、営業をするのはお金に困っていない方々ばかり・・・。

 

ある日、初めて投資信託を検討したいというお客さま(予算は数十万円)に丁寧に1時間くらい概要や商品の説明をしたところ、上司はカンカンに・・・。

お給料をもらっている以上、会社のために売り上げをあげないといけないのはわかるのですが、ジレンマを感じずにはいられませんでした。

 

ヤバい上司との出会い

異動があり、新しいお店に勤務することになります。

しかし、これがまたヤバい上司に出会うことに・・・。

 

ミスをする僕がいけなかったと思いますが、ゴミ箱を蹴られたり、お客さまがびっくりするほどの大きさで拳を机に叩きつけたりとかなり精神的に追い詰められる日々が続きました。

お客さまと折衝した内容を記録するのですが、難しいのにも関わらず時間を◯◯分以内と指定されて、それができないとキレられたり・・・とにかく、ほぼ毎日キレられていました。

 

精神的にボロボロになり、冒頭にお伝えした通りバーに通ったりしたものの、翌日には朝起きて電車に乗らないといけないという日々が続きます。

到底仕事のことを考えられる状態ではありませんでした。

そんな日が続き、一時期は「このまま電車にひかれたら・・・」とあらぬことが無意識で脳裏を過ぎるようになったのを今でも覚えています。

 

なんとか異動できることになり、病まずにすんだのはラッキーだったと思います。とにかく、死んでしまったら人生終わりと思って耐え忍んでいました。

 

新しい職場で感じたこと

新しい職場では器が大きく優しい先輩に恵まれて、できる限り一生懸命仕事に取り組みました。

ただ、上司との飲み会は結構大変です。ヤバい日は午前3時まで飲む日もありました。もちろん次の日は仕事です。

 

誘われるうちが花と思って頑張ってゴマをすっていましたが、その日をさかいに「こんな人生で『生きててよかったなあ』と最終的に思えるのだろうか」という気持ちが強くなっていきます。

それを機にアフィリエイトに真剣に取り組むようになりました。脱サラしたのは20代後半です。

 

そもそもアフィリエイトとは

会社に行きたくない 20代

中には「そもそもアフィリエイトってなによ!?」と思う人もいるかもしれませんので、簡単にお伝えします。

アフィリエイトは『提携』を意味する言葉で、簡単にお伝えすると広告収入を得るビジネスモデルです。

MBA(経営学修士)でも最も成功しやすいビジネスモデルの1つ紹介されていて、アフィリエイトにも様々な種類があります。

僕自身がやっているのはサイトアフィリエイトです。

噛み砕いてお伝えするとブログを作って読者さんを集めて、広告を踏んでもらったり、商品を買ってもらってお金をいただくというお仕事です。

 

アフィリエイトを仕事にして思うこと

会社に行きたくない 20代

アフィリエイトを本業にして思うことについてメリット、デメリット、両方の視点からお話します。

 

面倒な人付き合いがないのは精神衛生上いい

会社にいると面倒な上司から飲み会に誘われて、プライベードな時間を削らないといけないということが良くあります。好きな上司ならいいのですが、そうでない場合は地獄ですよね。

行きたくない飲み会に行かなくていいのはもちろん、面倒な人間関係について考えるのに余計な時間を使わずにすみます。

「おれの若いときは苦労したんだからお前も・・・」と古い価値観を押し付けてくる上司がいないのはいいことです(笑)

人間関係の面では精神的に楽になる部分が多いですね。

 

精神的自由は比較的早く手に入る

自由には三種類あります。

  • 精神的自由
  • 金銭的自由
  • 時間的自由

金銭的自由や時間的自由はハードルが高いですが、わざわざ朝の満員電車に乗らなくて良かったり、決まった時間に会社に行かなくて良かったり、休みは自分で決められたり、精神的な自由は早くに入ります。

ただ、お金を稼げないと頑張って働かないといけませんし、お金が問題になって精神的にプレッシャーがかかることもあります。

稼げているうちはいいですが、そうでなくなると一定の給料がもらえる会社に比べて働く時間が増えて、『自由』を圧迫する可能性があります。

そこは自分の実力次第ということになります。

 

お金は貯めておいた方がいい

「普通かw」と思うかもしれませんが、やはり重要です。

健康保険の場合は会社が半分払ってくれているので、負担は少なくなります。厚生年金がなくなるのですが、給与天引きでなくなった分高いなあと感じます。

脱サラして独立を考えているなら、最低でも1年くらいは暮らせる予備資金を用意しておきましょう。住民税もバカになりません。

税金がかかって大変だった・・・ということにならないように、お金は貯めておいた方が懸命です。

 

積み重なるジャンルが大切

アフィリエイトの中にはトレンド系のジャンルもあるのですが、トレンド系のジャンルは記事の寿命が短くて、自転車操業になるため、積み重なるジャンルに取り組んだり、記事を書いていくのが大切と感じています。

それでも、ライバルが増えてくると順位が下がったりということもあるのですが、そこは質と量が必要になってくる部分です。

 

自分で考えて行動することが大切

専業でアフィリエイトをするということは自分で生計を立てることになるので、自分で考えて行動することが大切だなあと感じます。

例えば、「コンサルや高額塾に入るからそれに従っていれば大丈夫!」というのはNGです。

誰かに頼り切ってしまったり、思考力が奪われてしまう可能性がある人はそういった環境には身は置かない方がいいでしょう。

 

もちろんコンサル自体が悪いということではありません。

お伝えしたいのは、自分で考えて、試行錯誤して積み重ねていかないとコンサルが終わった途端に稼げなくなるという状態になりかねないということ。

「自分で考えて、実行して、その結果を分析する」というプロセスをたくさん踏んでいくのが大切だなあと感じています。

 

全ては自分の責任

会社を辞めて自分で働くということはすべてが自分の責任になります。

もちろん仕事をしていてもそうではありますが、安定的な給料がもらえないというのは、生きるか死ぬかの問題になるので、より身を持って実感しています。

 

悪い時も良い時もありますが、それを含めて「楽しい」とか「やりがい」を感じられるのであれば向いているのかもしれません。

アフィリエイトの中でもサイトアフィリエイトについてはサイトの構成を考えて作ったり、調べて新しいことを理解するのがすごい楽しくて好きなだあと感じるので僕の場合は向いているのかもしれません。

しっかりとした方法でサイトを構築しているトップアフィリエイターさんが情報を発信しているのを見るとそういったステージに自分も向かいたいなあと素直に思います。

 

 

会社に行きたくない20代に伝えたいこと

会社に行きたくない 20代

会社に行きたくないものの行き続けた知り合いはしんどくなって給料が下がる転職をしたり、仕事がうまくいかずに会社の中でも左遷されたりするのを近くてみてきました。

中には、精神的に参ってしまって会社を辞めてしまった人もいます。

 

辛い状況にいると思うのですが、一度考えてほしいのは会社に行くきたくないのに行く必要は果たしてなんかのかということです。

守るべき家族がある人はそうもいかないかもしれませんが、独身の人は別に本当に行きたくなければ辞めてしまった方が幸せだと思います。無理をして体を壊してしまってはいけません。

自分を大切にしてあげて下さい。

 

人生は一度きりです。特に20代は貴重な時期。

伝えたいのは、「本当に自分が幸せな人生だった!!」と思えるような人生を今歩めているかということです。

 

答えがNoなら何かしらのアクションを起こしてほしいなと思います。

結局人生には、今を受け入れて我慢して現状維持で歩んでいくのか、否定して状況を変えるために行動するかの2つしかありません。

 

世間の常識や周りの人の目なんて気にする必要ありません。そんなものは、人生の足枷にしかならないからです。

僕自身「頑張って大手銀行に入行できたんだから、ここで一生懸命やらなくちゃ!」という見栄のようなものがあった時期もあります。

 

でも、そんな見栄で自分を縛って苦難の20代を歩んできました。

そんな経験をしてきたからこそ、『こうじゃないといけない』という気持ちにとらわれて、本来自分がなりたい姿から遠のいてしまうのだけは、避けてほしいと思います。

 

アフィリエイトを選んだわけ

会社に行きたくない 20代

アフィリエイトで食べていくのは決して簡単ではありません。自由には責任が伴います。もちろんしんどい時もあります。綺麗事ばかりいうつもりはありません。

でもそれ以上に、尊敬もできない器の小さな上司に人生を決められるくらいなら、自分の人生に責任をもって自分を貫く生き方をしたいと思ったのがアフィリエイトを選んだ理由です。

 

誰かに決められる人生ではなく自分で自分の人生をデザインをするは本当にワクワクします。

会社にいただけでは出会えないような仲間に出会うことができましたし、報酬が上がったときの喜びは会社の仕事では絶対に味わえません。

 

銀行では学べない『お金を稼ぐ力』を学び、将来的には、アフィリエイトで得られる集客の力を活かして将来的には金融教育をやりたいな、と新しい夢も見えてきました。

今後どうなるかはわかりませんが、自分で未来を切り開いていく楽しさは間違いなくあると思います。

 

まとめ

会社に行きたくない 20代

人生の選択肢は色々です。

  • 転職する
  • 副業を始めて独立・起業する
  • 辞めて少し休んでみる

様々な選択肢がありますが、人生楽しんだもの勝ちだと思います。嫌なことに時間を使うより自分が本当にやりたいこと、熱中できることに時間を使いましょう。

 

結局人間が行動するときは、本当にその状態になりたいと思ったときかその状態になりたくないと思ったときです。

感情が行動力になっているうちに習慣を作るのが大切だと思います。未来を変えるためには行動あるのみです。

 

もしこの記事を読んでいただきアフィリエイトにちょっとでも興味がでた方はぜひメールマガジンに登録してみて下さい。

アフィリエイトで大切なことや極秘の情報もご紹介しています(不要になった場合は解除も簡単にできます)

さあ、自分らしい人生を手に入れよう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


 

saotomen(さおとめん)

 

アフィリエイトで月収80万円を稼ぎ、自由に暮らしています。元メガバンク勤務。

アフィリエイトで人生が豊かになる人が増えればと考えブログを開設しました。

詳しいプロフィールは画像をクリックするとご覧いただけます。

LINE@→@saotomen

LINEの友達の登録はこちら

友だち追加

ノウハウを動画でお届け

ゆるくアフィリエイトについてお伝え!

ブログランキング

PAGE TOP